オーディオブック版 『耳でみる絵本』

 

オーディオブック(Audiobook)とは?

 

オーディオブックとは、書籍などのテキスト文章を読み上げて、

聴くことによって情報を得られる音声コンテンツの形式をした電子ブックのことである。

 

 

『耳でみる絵本』とは?

 

クラシックギターは【小さなオーケストラ】と呼ばれる程、

様々な表現が可能な創造性豊かな楽器です。

 

楽器と奏者の間には何も存在しません。

 

ですので、奏者のニュアンスがそのまま音へと変換されます。

 

それは、空気のキャンパスに筆をおとし、絵を描くような感覚です。

 

赤ちゃんを撫でるように弾けば、そのような優しい音が

水面に反射する朝日を想像し弾けば、そのような音風景が奏でられます。

 

 

【背景音楽ではない創造性豊かな音像】【朗読】【一体化】することで、

 

聴手の頭の中に心の中に自分だけの【絵】を映し出します。

  

 

 

聴手が想像し作家となる。これが 耳でみる絵本 です。

 

 

 

また、耳でみる絵本のクラシックギターは、

近年癒しの世界で大きく取り上げているソルフェジオ周波数528Hzを軸に作曲演奏されております。

 

528Hzは、自律神経を整え、交感神経を下げ、副交感神経を上げ、

心身の不調を改善させると言われております。

 

ソルフェジオ周波数による繊細な優しいギターは、多くの方からご好評頂いております。

 

 

20175月に日本最大のオーディオブック配信サービス㈱OTOBANKから、

佐藤洋平制作『耳でみる絵本』の配信がスタートしました。

  

 

胎児期 新生児期 乳児期 幼児期 児童期 など様々な対象年齢別に制作されており、

様々なテーマや目的のある 『育耳絵本』 としてご好評頂いております。

 

様々な場所で、

そして、子供だけでなく、高齢や障害等により本を読むことが困難な方でも楽しむことの出来る

新しい絵本のカタチを目指しております。

 

 

スマートフォンの普及 便利さの追求 により、忘れられ、失われつつある

 

【聴き 考え 想像し理解する】

 

という人間ならではの力が今、大切であると

そして、想像力は思いやりの力に繋がると考えます。

   

 

 

胎児期 対象作品

 

 『ママエク~ごろん編~』

 

 

 

以下のサイトよりご視聴、ご購入頂けます。

 

https://pages.audiobook.jp/special/mimiehon/index.html

 

 

 

Audible

 

 ~6作品 配信中~

 

 

 

 

iTunes

 

 ~6作品 リリース中~

 

*iTunes storeで【耳でみる絵本】又は【佐藤洋平】とご検索下さい

 

 

 

 

 

Google

 

 ~7作品 配信中~

 

© 2017 Yohei Sato (P) 2017 Yohei Sato (R) 2017 Yohei Sato

 

【商標登録番号 第5978513号】

耳でみる絵本は、聴く物語のことである。

 

これまでも小説や童話の朗読は古くから存在してきた。


子供たちは眠りにつく前にお話を読んで貰ってきたし、

寝物語として既存の物語に留まらず、話し手の創作したおはなしを聞いてきた。

 

我々と聴覚刺激による作品の間には、長く深い結びつきを持った歴史があると言える。

音声による伝達方式の魅力のひとつは、

聴く側のイマジネーションの広がりが無限であるということが挙げられる。
受け手側は、頭の中のキャンバスに自由に絵を描くことができる。

しかも、その時々で、挿絵は変幻自在に姿を変える。
挿絵が変わった時、聴き手は、自らの変化に気づきが与えられ、自身と対話することもあるだろう。


耳で聴き、心に挿絵を描く。それが耳でみる絵本だ。

 

同じ作品を繰り返し聴いても、その都度、新しい発見がある。
それは、我々の耳は、情報を選択的に受け取る、という特徴を持っているからである。
以前には気づかなかった発見がある、発見があるたびに、作品は新しい姿に生まれ変わっていく。


佐藤洋平さんの耳でみる絵本は、

佐藤さんが書き下ろした物語にオリジナルのギター演奏で良質の絹のようなメロディを織り込んである。


背景音楽ではない。見事にストーリーと音楽が一体化している。

 

佐藤さん自身、文筆家なのか音楽家なのか・・・、
一体化しているのである。


佐藤さんの作品を沢山の方々に聴いて頂きたいと願っている。
一人、夜空を見上げながら。子どもと寝そべり、その柔らかな髪に触れながら・・・。
物語も音楽も人生のあらゆる場所、あらゆる時の中に絶え間なく存在している。


佐藤さんの作品はそのことを我々に思い出させてくれる。

 

 


教育コーディネーター 小山彰子

 

 

 

便利な世の中で子供に失われつつある

 

「想像力」「好奇心」「道徳心」「思いやりの心」

 

を育ててくれる耳でみる絵本、最高です!

子供も大人も楽しめる、素敵な絵本に出会えました。

 

 

心理カウンセラー 北田しずえ

 

 

 

 

YOHEI SATO佐藤洋平 ギタリストリスニング絵本作家

(耳でみる絵本物語/作曲/演奏)

 

 

 

MAKI IMANAKA/今中麻貴 フリーアナウンサー

(朗読担当)

 

札幌テレビ放送アナウンサーを経てフリーに。

これまで、日本テレビ「ズームイン!!SUPER」「ズームイン!サタデー」などに

出演。現在もテレビショッピングの番組や司会などで活躍。

 

20年前から語りの公演に出演を続け、現在は自身で語りの会「プレシャス」を主宰し、小学生から大人まで聴ける朗読公演を都内で毎年行っている。

2017年から札幌の渡辺淳一文学館でも公演を行う。

企業のアナウンス講習や朗読教室、学校での朗読公演なども多数開いている。

主な作品は、「フランダースの犬」、「賢者の贈り物」、「番町皿屋敷」など。

 

 

 

 

Julie/ジュリー (英語版朗読担当)

 

 

 

 

 

 

 

Miri/みり (朗読担当)

 

 

 

 

 

 

 

Coming Soon (朗読担当)

 

 

 

 

 

 

 

Coming Soon (朗読担当)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※耳でみる絵本朗読者は作品ごとに変わります

 

 

YUKA TANAKA /田中 佑佳

(耳でみる絵本ロゴデザイン)

 

http://yuka-tanaka.com

 

東京都世田谷生まれ。

学生の頃からフリーランスとして

特殊造形、空間美術、グラフィックデザイン、アートディレクションを中心に活動。

 

サカナクション「スローモーション」、銀座カラーのCM

Every Little Thing「ハリネズミの恋」、絢香「にじいろ」等の特殊造形、

ゆず「TOWA」等のイラスト、

フジテレビ「世にも奇妙な物語 PETS」のタイトルデザイン、

ラフォーレ原宿×LARMEMystic Halloween 2014」アートディレクション、

映画「青春群青色の夏」美術・総合デザイン等を担当。

 

 

OTOBANK /オトバンク

(耳でみる絵本 オーディオブック版 販売元)

 

日本最大のオーディオブック配信サービス

 

 

 

 

~20作品 配信中~

 

 

 

Google

 

 ~7作品 配信中~

 

 

 

 

iTunes

 

~6作品リリース中~

 

 

*iTunes storeで【耳でみる絵本】又は【佐藤洋平】とご検索下さい

 

 

 

 

 

 

Audible

 

 ~6作品 配信中~

 

 

© 2017 Yohei Sato (P) 2017 Yohei Sato (R) 2017 Yohei Sato

© 2017 Yohei Sato (P) 2017 Yohei Sato (R) 2017 Yohei Sato