全国書店、Amazonなどでご購入出来ます。

 

 

耳でみる絵本“クロッポー”&“Cloppo” 

 

佐藤洋平

 

 

ISBN978-4-909080-27-1 C1776

 

¥1,500E 愛育出版

 

【作品目的】
1.鳩時計の時報と絵本の時刻盤による『時計と数規則』の学習

2.幼児期の正しい生活リズムの観察学習

3.ネイティブ英語による英語教育

【付属CD 内容】

Track1:耳でみる絵本 日本語版『クロッポー』
Track2:耳でみる絵本 英語版『Cloppo』
Track3:耳でみる絵本 日本語版『クロッポー』~Instrumental カラオケ Ver.~
Track4:耳でみる絵本 英語版『Cloppo』~Instrumental カラオケ Ver.~ 

 

 

【作品詳細】

 

 

〜耳でみる絵本 『クロッポー&Cloppo』〜

 

 

対象:幼児(2〜6 歳)

 

 

作品目的 ①知的教育『時計と数規則』 ②幼児期の正しい生活リズム ③英語教育


主人公は鳩時計のクロッポー。その他の登場人物として子と親。
読者である子は、クロッポーと子 親は、クロッポーと親 それぞれ2つの視点から物語を体感します。
物語はクロッポー目線で進み、その物語の中には学習の種が散りばめられております。


①鳩時計のクロッポーが教えてくれる時報を、お子様と指折り数えることによる数の学習。

そして、数と時計/時刻の関係性。


②物語は幼稚園児の理想的な生活リズムを基盤に制作されております。

クロッポーが教えてくれる時刻に伴う理想的生活リズムと実際に生活リズムを照らし合わせながらの観察学習。


③日本語版『クロッポー』の他に英語版『Cloppo』もあり、ネイティブな英語の発音や表現に触れ覚えることが出来ます。
幼児期の子供は、⾔語学習の天才と⾔われ、⼤人とは違い右脳が有利に働き、右脳は様々な情報を理屈抜きに⼤量にそして無意識に処理し学びます。


また、ギターのみのInstrumenta(カラオケ)Ver.もあり、カラオケを流しながら、親御さんによる読み聞かせ、そしてお子さんによる朗読が可能です。
*本作品は、心⾝の不調を改善されるとされている周波数528Hz を軸に作曲演奏されております。

 

 

 

© 2017 Yohei Sato (P) 2017 Yohei Sato (R) 2017 Yohei Sato

© 2017 Yohei Sato (P) 2017 Yohei Sato (R) 2017 Yohei Sato