目が合うとアウト

昔から、疑問に思っていることがある。

 

街中で見かけるカメラ目線で写っている人のポスター的なやつ。

(日本語変ですが、そのまま進みます)

 

話が逸れますが、

人ごみが嫌いな私としては、

街中で立ち止まることはあまりなく、大体以下の4つに当てはまる時、立ち止まる。

それ以外は、進む。(なんかスゴロクみたいだ)

 

1.待ち合わせ

 

2.たばこを吸う

 

3.信号待ち

 

4.乗り物待ち

 

石田J一さんなら、

 

5.恋に落ちたら

 

みたいなかんじなのでしょうか。

 

 

話は戻りまして1~4立ち止まるとき、大抵、目の前には

 

「カメラ目線で写っている人のポスター的なやつ」

 

がある。

 

こちらが目を合わせれば、目と目が合う。

(なんか漫画みたいな文ですが)

 

カメラ目線で写っている人のポスター的なやつ(長いので、KUPYと略します)

自分の位置が正面の時に、目と目が合うのは、感覚的に納得いくが、

 

KUPYの目と私の目が合う角度の範囲は、いつでもほぼ180度。

真横からKUPYの目は見えないので、あれですが、

KUPYの目さえ見える位置ならどの角度でも、目と目が合う。

 

これが疑問だ!(何事も言い切ると少し強くなった気がします)

 

きっとインターネットで調べれば

○○○効果とかで、その現象を説明してくれるんだろうなぁ~。

 

でも、長年の疑問だからそんな決着は嫌だなぁ~。

子供の心を取り戻して、

 

「魔法なんだよ!」

 

 

と言われたら「すげー」と素直に信じれたらいいのに。

 

結局何が言いたかったかと言いますと、

中途半端な知識や情報は、ある意味、悪だなと。

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    すまい (火曜日, 10 1月 2012 19:56)

    同じ事考えてたのでびっくりしました笑

  • #2

    gt-yohei-sato (水曜日, 11 1月 2012 19:32)

    すまいさん、コメント有難うございます。
    周りに共感してくれる人がいないので、嬉しいです。
    同志としてこれからも頑張りましょう。
    (何を頑張るか分かりませんが)

©︎®︎℗ 2017 YoheiSato

©︎®︎℗ 2017 Yohei Sato

株式会社グローバルキッズ運営 

子育てを楽しむためのWEBマガジン~

 

【HAPIKU】

 

いいもの市場

  

 

『耳でみる絵本』

ピックアップして頂きました♪