信号が変わる前と後

昔からゾンビ映画が好きです。

大学の時、
TSUTAYAのゾンビコーナーを端から
毎日1本ずつ借りてました。

TSUTAYAストックコンプリートがまじかに迫った時、
いつもいた深夜バイトの男性に

『そろそろですね!』

と言われ、
マイベストハニカミをかました記憶は、なんか切ない想い出。


TSUTAYAといえば
来月、六本木ヒルズのTSUTAYAで演奏します。
詳細はおいおい。



ゾンビ映画の魅力の一つとして、

『制限』

があると思います。

そうですよね?先生!



そうじゃな。
ここからはわしが
ゾンビン博士が説明しよう。


佐藤くんが言った通り、
ゾンビワールドでは
様々な縛りの中で生き抜く必要があるのじゃ。


食料や弾薬を確保しながら、
安全な空間を死守せねばいかんのぅ。

じゃが、やがて気がつくじゃろう。


安全な空間など
この世界にはないのじゃと。


『え~じゃ~どうしたらいいの?』


佐藤くんがそう思うように、ゾンビワールドの人間も同じことを想いながら、
不自由の中で自由を得る戦いをしているのじゃ。


『え~、そんな世界辛くて生きれないよ~(:_;)』

おい、佐藤!
一回目は、見逃したが
今はわしのコーナーじゃ!
ソロじゃ!

口出しするな!


じゃが、良い意見じゃ。


人間を捕食対象としているゾンビは、言わば天敵じゃ。

天敵がいる世界で
生きることはとても大変じゃ。
常に死と隣り合わせじゃ。
きっと若造佐藤は、

『生きた心地がしないよぉ~』

などと言うじゃろな!

じゃがな、死と共に生きることこそ、生きるということなのじゃ。

わしはそう想うのぅ。

自然界をみてみるのじゃ。
天敵と共に生きておる。
彼らは生きておる。

ゾンビワールドの人間の大半は天敵であるゾンビを倒し、天敵のいない世界を言わば自由を得ようとする。
なぜ、
我々が神と呼ぶモノは
人間の姿をしているのか。


軟弱佐藤の住む世界では、もはや人間は神じゃな。


『博士!話が脱線しすぎて、なんの話かわからないよ~』


あっ!すまん。
成長したな、佐藤。
こういう合いの手はよいのじゃ。

わしが言いたいのは、
佐藤!
危機感が足りな過ぎるぞ!
と言うことじゃ!



『え~!でも現実世界ではゾンビいないよ!どうやって危機感を持てばいいの?』


卒業じゃ!佐藤。
ナイス合いの手じゃ。


佐藤は、体に悪いのにタバコを吸うじゃろ!

タバコを弾薬に置き換えればよいのじゃ。



残り数発しかない銃

残り数本しかないタバコ

=危機感

となるのじゃ!


タバコの本数を気にする度に、サバイバル感満載じゃ。



『えー!でも、セブンに毎日寄るし、そこでいつも買うから…』



バカもの!貴様は留年じゃ!出直せ。
そんなんじゃから、昨日スイカにチャージした1万円がもうないのじゃ!バカモノ!



といったかんじで、
なんの話か分からなくなりましたが、
今年も宜しくお願いいたします。


年末に秋田のお寺でレコーディングがありました。


今まで音楽を音を空中に放つ
というか置く感覚で
プレイしていましたが、
考えが変わりました。


空中ではなく水中に近い。というか空中にある水中。

寒かったけど行って良かった。


今のままでは全然ダメだ。

もっと上手くならないと。
というよりか

上手くなりたい。

それが自分にとっての自由です。

© 2017 Yohei Sato (P) 2017 Yohei Sato (R) 2017 Yohei Sato

© 2017 Yohei Sato (P) 2017 Yohei Sato (R) 2017 Yohei Sato

株式会社グローバルキッズ運営 

子育てを楽しむためのWEBマガジン~

 

【HAPIKU】

 

いいもの市場

  

 

『耳でみる絵本』

ピックアップして頂きました♪